古川慎 for fairytale

作詞:古川慎
作曲:原田篤(Arte Refact)

閉じた絵本と 灯り 落とした部屋で
昨日を結ぶ 窓辺月が滲む

どんな嵐を越えて ここまで辿り着いたの
纏められた日記には 幾千の風景

あらゆる世界 あらゆる記憶 渡って行く絵空事
受け取った手で 何を想うのだろう
もし焦がれた未来のカケラ
御伽噺だとしても
生まれた心には
偽りなど無い
願いが燃える
そっと

読み飽きたのかい? それとも嫌になったかい?
埃被った あの日の 夢 セピアになれずに

御伽噺に渡された栞 君という物語
エピローグは 未だ見えないから
もし焦がれる未来叶えて
噛み締めた喜びは
冒険譚の様に
誰かの夢へ
昇ってくだろう
きっと

君は確かに在って 紡ぎ続ける謳い手
御伽噺に負けない 唯一のストーリー

時を超えて 歩みを止めない 君という物語
風光る朝 迎え芽吹いてゆく
打ち砕かれそうな願いさえ
書き連ねた宝石
冒険譚の途中
君だけの
未来は
続く