総監督とキャプテンズ(AKB48) 流れ星に何を願えばいいのだろう

総監督とキャプテンズ(AKB48) 流れ星に何を願えばいいのだろう 歌詞

歌手:総監督とキャプテンズ(AKB48)
作詞:秋元康
作曲:aokado

夏が終わり 砂浜の
足跡が消えるように
波が海へ帰って行く
そんなに会えなくなるね
なぜ悲しいこと言うの?
見つめ合って 黙ってしまった

この手を伸ばせば そばにいるのに
過ぎる時間は止められないんだ

僕たちはこの夜を忘れはしない
今 初めて接吻(くちづけ)した瞬間を…
流れ星が宇宙の彼方へ横切った
もうこれ以上 何を願えばいいのだろう

秋の風は 知らぬ間(ま)に
冷たくて寂しくなる
君をぎゅっと抱きしめたい
今さらと言われたって
引き止めちゃダメなのかな
声に出さず 叫び続けてる

謝ったって もう戻ることないもの
指の隙間をこぼれ落ちた砂

僕たちの思い出は星の数ほど
どれもこれも輝いてる光だ
この宇宙で一番 眩(まぶ)しいあの星
そう最後に 唇に落ちたその涙

人はいくつも願いがあって
一番 叶えたいのは
どれか一つ決められなくて
誰も悩んで迷いながら
流れ星だって
いつの間にか消えてる

僕たちはこの夜を忘れはしない
今 初めて接吻(くちづけ)した瞬間を…
流れ星が宇宙の彼方へ横切った
もうこれ以上 何を願えばいいのだろう