阪本奨悟 宝物

作詞:阪本奨悟
作曲:阪本奨悟・小名川高弘

からっ風 飛ばされた一枚の木の葉
願う先 届かずに ひらり舞い落ちる
心ない運命に 現在(いま)を重ねたりして

ただ時間だけが過ぎる日々
ポッケの奥の夢 捨てたくなるけど

ねえ いつから輝きを失くしたろう
ちっぽけなものになってしまったろう
いつでも誰かと比べられ 迷っては
あの宝物を忘れそうになっていく

馬鹿げてる夢話 笑うこともなく
「できるはず」 ただ背中 押してくれた君
違う道で今日を戦ってる
雑踏に立ち止まり ひとりじゃない そう思える

ねえ 僕らは何のため 歩いてくの?
掴みたい明日(あす)が手招きする
いつでも結果を求められ 評価され
周りの目ばかり気になっていたけど

ギターケース 背負う少年
真っ直ぐに 希望だけを宿す瞳で
目の前 過ぎていく

気付いたよ
ああ いつしか輝きを失くさせた
それは他でもない 僕だったよ
木の葉のように ささやかな力でも
心を燃やせば 輝くんだ

もう一度ほら ポッケの奥で
握りしめてみよう 情熱という宝物