女王蜂 火炎

女王蜂 火炎 歌詞

歌手:女王蜂
作詞:薔薇園アヴ
作曲:薔薇園アヴ

Party is over
それでも踊りたかった
眠れないくらい 情熱の火はいつしか いつの日にか

はなから気付いている 焔はいつか消える
ねぇ なにも要らないはずだった
なのにまだI’m so serious

ああまだ間に合う
ああただBurn it up Baby
Sorry darling そんなに甘くないよ
でもきっとそんなに悪くないよ
Give me fire
Light it up Baby 燃やしちゃうぜyeah

やぁ!千代も八千代 変わりもせずに
ひとのなり いとをかし 全部燃やせ八百屋お七
出でよ舞えよ火の粉 焚き付けるのが仕事
ガソリンとステロイド 燃えるさまはお見事

火遊びはしない ぬるいまね出来ない
しけたカルマトラウマ燃やし尽くすマグマドラマ
この飽くなき渇き 青い炎みたい
死は過去のひとつ隣 やがて総てひとつとなり

Love is dying
でもまだ消えてないから
忘れてみたい
情熱の火はいつしか いつの日にか

身体は気づいている 僕らはいつか消える
ゆるやかに若さを溶かして
泣かないで Why so serious?

ああまだ間に合う
ああただBurn it up Baby
Sorry darling そんなに甘くないよ
でもきっとそんなにわるくないよ
Give me fire
Light it up Baby 燃やしちゃうぜyeah

Turn it up…足りない
注ぐ火に油!

Sorry darling Hurry up
ああまだ間に合う
Sorry darling Hurry up
ああただBurn it up
Give me fire
Light it up Baby 燃やしちゃうぜyeah

Party is over
それでも踊りたかった

(Visited 3 times, 1 visits today)