果歩 彼女たちの備忘録

作詞:果歩
作曲:果歩

忘れたふりをして息をしていた
ただ何でもない顔をして吹かしていた
知らなければ悲しくないと潰した
灰皿にはひとつ、白い煙が泣いていた

色に例えるなら
あれは淡い淡い水彩画のような青だろう
水を足せば、すぐに透明に戻ってしまうくらいの
彼女たちは臆病だった
写真なら幼い頃のもの 記憶ならちゃんと大人になりきれていないしさ
前に進まなきゃ と当たり前のことを言い聞かせて
彼女たちは上を向くのさ
愛のことなど知る由もなくて
この感情を知る術もない
ただ最近のこと、思い出してる暇もない

普通と言われて生きるのは
もううんざりだよな
そんなの捨ててしまえよ
平凡に生きるのは
意外と難しいよな
そんなのどうだっていいよ
下らない愚痴ばっか言ってる奴には
何も伝わらないままでいいから
あたしたち2人の世界で

色に例えるなら
あれは赤く黒いあの作品宛らの空色だろう
ぐるぐる回る 目まぐるしさと感情はいつかの叫びと一緒だった
彼女たちは寂しかったのよ
愛されたいことと薬は一緒だった
苦しい時に吐き出すことは違うと
馬鹿な強さをもつ女達だった

普通と言われて生きるのは
もううんざりだよな
そんなの捨ててしまえよ
平凡に生きるのは
意外と難しいよな
そんなのどうだっていいよ
下らない愚痴ばっか言ってる奴には
何も伝わらないままでいいから
あたしたち2人の世界で

泣いていたのさ あの夜は
声を殺して夢を見たのさ あの夜は
取り戻すように歌をうたうのさ
大丈夫、まだ間に合うよ って

忘れたふりをして息をしていた
ただ何でもない顔をして吹かしていた
知らなければ悲しくないと潰した
ただいま、と書き起こす備忘録