BUMP OF CHICKEN ジャングルジム

BUMP OF CHICKEN ジャングルジム 歌詞

歌手:BUMP OF CHICKEN
作詞:Motoo Fujiwara
作曲:Motoo Fujiwara

ここまでおいでって言ったのが 遠い昔の事みたいだ
灯りのついた公園で ジャングルジムの中にいたよ

皆の前じゃいつも通り おどけてみせた昼の後
一人残って 掌の鉄の匂いを嗅いでいた

帰ろう 帰ろう 遠くで歌っている

その日 僕を見ていたのは 欠けた月の黒いところ

あれから大人になった今 色々忘れた顔をして
たくさんの知らない人達と レールの上で揺られる

行きも帰りも大差ない 自画像みたいな顔をして
転ばないように掴まって あるいは座って運ばれる

ガタンゴトン ガタンゴトン 繋ぎ目を越えてゆく

隣の他人が最後に泣いたのは いつ どんな理由

例えば最新の涙が いきなり隣で流れたとしても
窓の外飛んでいく 電柱や看板と同じ

それでもどうしてだろう つられて泣いてしまいそうな
名前もわからないのに 話も聞いちゃいないのに

誰から見ても取るに足らない だからこそ誰にも言えない
そんな涙ならきっとわかる あぁ そう これは ただの例えばの話

ガタンゴトン ガタンゴトン 静かに続いている
ガタンゴトン ガタンゴトン 繋ぎ目を越えてゆく

ここまでおいでって言ったのが 遠い昔の事になって
あの日遊んだ友達の 名前も怪しくなってきて

どんな時でも笑えるし やるべき事もこなすけど
未だに心の本当は ジャングルジムの中にいる

帰ろう 帰ろう 遠くで歌っている

ここから出たらいつも通り ありふれた一歩目を歩く

欠けた月の黒いところ 欠けた月の黒いところ

(Visited 18 times, 1 visits today)