Leola 朝が来るように

作詞:Leola
作曲:石川陽泉

街の音を 恐れて ヘッドフォンで 塞いだ
なのに胸の 涙音は 消せなくて

逃げるように 歩いた ひとりきりの 街角
あなたのいない 帰り道は いつもより 長い

見上げれば 変わらない 同じ空がみえる

星空に願いを かけたあの日から
幾つの季節が過ぎたでしょう
離さないと誓った日も 遠く霞んでゆくの

今見えてる景色に 色が増えた時
あなたは何を感じますか。
あの涙は 心に閉まって
信じていく その先に 朝が来るように

朝陽の差す 寝室 目覚めた時 隣に
あなたはいない 描いていた 未来さえ 遠い

幸せな思い出は どこに仕舞えばいい?

過ぎゆく恋の季節 涙の日々も
笑顔の日々も力にして
歩き出そう この足で 道は続いてゆくよ

誓ったその手は今 誰を愛して
何を守り生きていますか?
涙はもう 心に閉まって
強くなれる この先に 明日が来るように

あなたのいない夜を越え 孤独、痛み抱えてた
やっと見つけたの 未来へ 続く扉

星空に願いを かけたあの日から
幾つの季節が過ぎたでしょう
離さないと 誓った日も 遠く霞んでゆくの

今見えてる景色に 色が増えた時
あなたは何を感じますか。
あの痛みも 心に閉まって
信じていく 今ここに 朝が来るように