さだまさし 漂流

作詞:さだまさし
作曲:照屋林賢

道に迷う都会で
どこからか 聞こえて来た
故郷訛りの 誰かのため息
胸に染みたよ

あなたの笑顔 優しい眼差しが
悲しいほど 今とても 恋しい

胸の痛みと言葉が
離れては迷っていた
思いは重ならず
悲しい歌ばかり
歌ってきたから

遠く手を振るあなたの
指先が尾花に混じった
さよならも言えずに
青空観ていた
風が吹いてた

あなたの言葉 あなたの声が
切ないほど 今とても 懐かしい

愛しくて愛しくて
流離えば流離うほど

去りゆく季節の中
心だけ はぐれたまま
私はいつまでも
あなたを待ってる
ずっと待ってる