クボタカイ インサイダー

作詞:クボタカイ
作曲:yonkey

きっと夏が終わる頃には 影は二つ並びで伸びてて
ガソリンと潮の匂い混じる夏風が 水平線を駆け抜けるわ
若気など至れり尽くせり 勝手に去って奪ってくれ
犬の舌みたく夏にぶら下がる 気怠さ冷たいなあ
手を引く理由は 腐るほどにあるけど
触れるか触れないかで擦れる秘密の二人
時が止まるような永遠を感じていたい 不確かな歌詞が似合うかな

弾けてしまえよインサイダー
瓶底で光、 ふやけてく
弾けられないよインサイダー
取れないビー玉みたいだね

夏が終わる頃だし 何なら車も出しちゃう
窓から FM 垂れ流し 夏を追い越して飛ばしてくわ
子供みたいだ… よくあるドラマみたいなタイミングで
流行りのラブソング
曖昧な硝子越しの神様 今日もインサイダー
少し抜けた炭酸と 続く日々は燦々と
溢れたただの夏の魔法さ 嫌いな誰かの悪口に相槌を
オレンジのクラブの奥ランデブー 夏の予熱に胸膨らんでる
遠い目をしたエイリアン 流す良い時間
火照るがままに eazy do dance yo!
「とうに気付いてること」にも とうに気付いてるとかさ
どっち付かずの言葉たち ビー玉みたいに揺れる物語

弾けてしまえよインサイダー
瓶底で光、 ふやけてく
弾けられないよインサイダー
取れないビー玉みたいだね

弾けてしまえよインサイダー
瓶底で光、 ふやけてく
弾けられないよインサイダー
取れないビー玉みたいだね