いきものがかり かげぼうし

かげぼうし

歌手:いきものがかり
作詞:山下穂尊
作曲:山下穂尊

一筋の涙が零れた 明かりの消えた街灯と
立ち止まるあたしの影ぼうし 離れないでと今祈る
あなたがくれた幸せはあの夕日の向こうに消えて
せわしなく流れてく雲 あたしに向かって手を振った

ありのままに描く夢 思うままにこの手でカタチに出来ればなぁ

振り絞った声があなたに いつかきっと届くなら… そんなこと考える
今止まった時を越えたら さらに一歩踏み出して あたし今 鳥になる

冬の訪れを告げたのは切なさに染まった涼風
うっすらと消えてく影ぼうし 傍にいてと願ったのにな

あの日触れたあなたの手 もっと強く握り返して欲しかったなぁ

笑い合った声は確かに あの日きっと聞こえたよ
もう一度… なんてほら…
また潤んだ瞳拭って見上げたんだ そうしたら 満天の星が在る

紛れ込んだ闇を抜けたら晴れ渡った朝が来る いつの日かまた逢える
澄み渡った朝の光が溢れ出したその先をあたしまた歩き出す

振り絞った声があなたに いつかきっと届くなら… そんなこと考える
今止まった時を越えたら さらに一歩踏み出して あたし今 鳥になる