Rain Drops シグナル

作詞:和田アヤナ
作曲:津波幸平

不意に遠のいたキミの声
照りつける日差しの中を
ひたすらに追いかけ続けた
うずまく風のような速さで

もどかしい気持ちをいつから
飼い慣らしてきたんだろう?
戸惑いと涙の跡
夕立が洗い流していく

近づくたびに傷付いたって
キミと共に生きていきたいの
悲しませてしまうのなら いっそ壊してしまおうか

近づくたびに傷付いたって
もう自分にウソはつけないから
押し寄せるこの想いを今
貫くよ

高鳴る鼓動はキミへのシグナル
受け止めて応えてくれますか?

何度も 何度も
途切れかけた光信じぬくとき

砕けたプライド今なら僕ら
運命さえ超えていけるきっと

キミしか
要らない
まっすぐな
言葉を放つだけ
眩い恋の歌を

優しさ欲しがるくせに
ただ素直に手を伸ばせなくて
柔らかな笑顔の裏側
疑って勝手に遠ざけた

探り合い すれ違い
何度後悔を繰り返したの?
寂しさも やるせなさも
抱きしめ 明日へと歩き出す

どうせ叶うはずもないからと
あきらめてしまうのは容易いけど
かき消しても 隠しても心捉えて離さない

必ずキミに辿り着くから
星ひとつ無い夜の果てにも
未来を描き出す強さを
授けてよ

運命の悪戯(いたずら) 夏の魔物が
悲しい過去を暴きだしても

記憶の奥底
絡みついた弱さ
断ち切ればいい

振り返らない 引き返さない
大切なもの 思い出したから

迷いは
要らない
まっさらな
想いが届くまで
二度と離れはしないよ

ああ 雨上がりの空虹が架かる奇跡に
見惚れていた
七色のカケラ
泣きたくなるけど それでも僕らは
立ち上がり 愛を探す

高鳴る鼓動は キミへのシグナル
受け止めて応えてくれますか?

何度も 何度も
途切れかけた光 信じぬくとき

壊れたプライド 今なら僕ら
運命さえ超えていけるきっと

キミしか
要らない
まっすぐな言葉を放つだけ
眩い恋の歌を