平井堅 キャンバス

平井堅 キャンバス 歌詞
歌手:平井堅
作詞:Ken Hirai
作曲:Ken Hirai

いつの日かまた会おうと手を振る 君の笑顔を永遠にやきつけた
そうだねと答えた僕の顔は 上手に 上手に 笑えていたかな

大好きと書いたボールはまだ渡せないまま
僕の胸をゴロゴロ転がり くすぐったいんだ

このままじゃいられなくても これからに流されても
決して変わらない 決して汚せない ぼくらだけのキャンバス

ごめんねと言った君の答えを 見つめて 探して 歩いていくから

大好きと書いたボールの文字は薄れてくけど
放り投げる強さも 捨てるズルさも無くて

過ぎて行く時の中で 変わりゆく空の下で
決して忘れない 決して解けない 絆がきっと強さになる
雲の様にちぎれやすくて 虹の様につかめなくて
決して戻れない 決して汚せない ぼくらの青 キャンバス

恋も夢も終電車もごちゃまぜ追いかけた
君の手を握ると「痛い」と言った
恋も夢も涙声も生きる全てだった
君の目を見ていた 本当がいつも言えなくて…

このままじゃいられなくても これからに流されても
決して変わらない 決して嘘じゃない 僕らが今出会えた事
鳥の様に自由なのに 風の様に寂しかった
決して戻れない 決して汚せない 涙で塗ったキャンバス
ボクらだけのキャンバス