乃木坂46 路面電車の街

乃木坂46 路面電車の街 歌詞

歌手:乃木坂46
作詞:秋元康
作曲:杉山勝彦

故郷(ふるさと)へ帰るのは もうどれくらいぶりだろう
いつの間にか 父親の白髪(しらが)が増えていた

高校を卒業して勝手な夢 追いかけた
僕には自慢できるような土産話がない

そのままにしてくれてた西陽が差す僕の部屋
窓を開け 風を入れ替えてたら ふと誰か会いたくて…

路面電車がガタゴトと走って行く街は
今も君が歩いてるようなそんな気がしてしまう
通り過ぎる窓の景色はあの頃と変わったけど
そう僕たちがいつも待ち合わせた懐かしい思い出はここだ

どんな顔をすればいい 決まり悪い僕なのに
まるで何もなかったように狭い路地は続く

区画整理されるって言われてた商店街
シャッターがいくつか降りてたけど あの店はまだあった

路面電車の警笛が聴こえて来る街は
君を乗せて自転車を漕いだあの夏の日のままだ
緩いカーブ曲がる手前で信号を待つ間に
もう僕たちは別々の人生歩いてる現実を思う

なんで こんなにやさしいのだろう
一度は背中向けた街のあの夕焼けが
何も言わずに包んでくれた ああ…

路面電車は今日もまた街の中を走り
人の想い運び続けてる日常的な風景

そして

路面電車がガタゴトと走って行く街は
今も君が歩いてるようなそんな気がしてしまう
通り過ぎる窓の景色はあの頃と変わったけど
そう僕たちがいつも待ち合わせた懐かしい思い出はここだ

そう僕の故郷(ふるさと)はここだ