乃木坂46 時々 思い出してください

乃木坂46 時々 思い出してください 歌詞

歌手:桜井玲香(乃木坂46)
作詞:秋元康
作曲:杉山勝彦

どんな言葉で伝えようか 決心してから迷いました
どうしてサヨナラ 選んだのか 正直なその気持ち
できることならば いつまでもここにいたいって思ってました
きっと誰もがそう願う 私たちの夢の場所

守らなきゃいけない何かは
次の世代へと繋げばいいと気づきました

時々 私を思い出してください
一緒に過ごしたあの日々
笑ったり泣いたり 振り向けば青春
もう何も 後悔はない
私の背中を押してください

昔の自分を見てるような 後からやって来た後輩たち
不安と期待が入り交じった表情が懐かしい
あなたたちならば 大丈夫 任せられるって確信して
私もずっといつまでも 遠くで見守っています

どんなことも全力でやること
どうかそれだけは貫き通してくださいね

いつかは あなたもわかる日が来るでしょう
こんなにここが好きだったこと…
悔しさもつらさも 今は宝物
これからは もう一人きり
自分の人生を楽しみながら

外に出てから歩く道
そのうちみんなも続くでしょう
だから地図にもなるように
私らしく頑張ります

時々 私を思い出してください
一緒に過ごしたあの日々
笑ったり泣いたり 振り向けば青春
もう何も 後悔はない
今まで本当にありがとう
私の背中を押してください