福山潤 オレンジ色の手紙

作詞:木根尚登
作曲:木根尚登

台風が通り過ぎて 信号の明かりが消え
あたり前の風景無くした町で
夕暮れに肩寄せ合う 二つの青いリンゴ
オレンジの色に染まってたあの日
幼い君との約束 覚えてる
どんな時も忘れないよ いつまでも

あれから十何年? 時代は顔を変えて
巡りめぐる生活の中で突然
君から手紙が届く 消印は見知らぬ街
そう 名字が変わってるの気づいたよ
幼い僕との約束 覚えてたんだね
だからこんな便り くれたんだ

大丈夫 君はきっと君らしく君のままで
あの頃とは違う朝を迎えればいい
大丈夫 僕は多分僕らしく生きて行くよ
君とは違う朝を迎えるから なんてね

大事なことはいつも置き去りにしていたんだ
君はもうあの町にいないんだね

好きだったなんて言えない 愛してたなんて言わない
卒業の映画じゃあるまいし
幸せになってほしい 誰よりも幸せに
それが今の君にとっていい事だろ?

大丈夫 僕は多分僕らしく生きて行くよ
君とは違う朝を迎えるから なんてね
なんてね um~ なんてね