阪本奨悟 砂漠のレース

作詞:阪本奨悟
作曲:阪本奨悟・小名川高弘

オフィスに散撒かれた謎の噂
最悪なレッテル 冷ややかな視線
何気ないジョークが一部 切り取られ
独り歩きする まるで暴走したモンスター

笑顔の仮面 被り 澄ましながら
話しかけてきた 社内パパラッチ
仮面の奥じゃ今も僕のことを
鋭い顔で睨んでいるのかい?

この場所じゃ

奪い合って 奪い合って 今日を生き残って
騙し合って 騙し合って 涙が出ても
鬩ぎ合って 鬩ぎ合って 狭きゴールへ
躓いた者を踏んで 我先にと急ぐの?
信じられるもの 自分だけなの?
正直者が馬鹿を見るの?
拭えない疑念

週刊誌の見出しにはスキャンダルを暴かれたスター
真偽はさておき
僅かな隙でも付け込まれるなら
いったい誰に心開けばいいの?

このままじゃ

利害関係 合わずとも繋がれるなんて
未来永劫 叶わない絵空事かな
踏み出した その足を掬われないように
胸の渇き 耐えながら 走ればいいのかい?
埋まらない孤独

炎のように拡散する世界
たちまち 1が10へ 10が100へ 100が1000へと
教えて ねえ 次の標的は誰?
叩いては破壊していく
愛は何処に

奪い合って 奪い合って 今日を生き残って
騙し合って 騙し合って 涙が出ても
鬩ぎ合って 鬩ぎ合って 狭きゴールへ
躓いた者を踏んで 我先にと急ぐの?
信じられるもの 自分だけなの?
正直者が馬鹿を見るの?

オアシスなんて無いかもしれない 砂漠のようなレースで

今日を生き抜け

明日を勝ち取れ