橋幸夫 この世のおまけ

作詞:荒木とよひさ
作曲:橋幸夫

男は灯りを 心にともし
女は灯りを 窓辺にともし
恋だとか 愛だとか 青くさい
少年、少女で いればいい

鳴呼(ああ)
人生は一度だけ
思うがままに 飾らぬままに
また夕陽(ひ)が沈み また朝日(ひ)が昇る
輝く今は この世のおまけ

男はお酒で 時代劇(チャンバラ)ごっこ
女はお酒で 幸せごっこ
夢だとか 虹だとか 胸に抱き
太郎と花子で いればいい

人生は二度とない
急がぬように あせらぬように
また春が来て また秋が来て
生きてることは この世のおまけ

鳴呼(ああ)
人生は一度だけ
思うがままに 飾らぬままに
また夕陽(ひ)が沈み また朝日(ひ)が昇る
輝く今は この世のおまけ