Rain Drops 白と嘘

作詞:RUCCA・鈴木勝
作曲:ゆーまお

「予報は当たったみたいだね」
寒空に粉雪
うつむく君の瞳の奥
アスファルトだけ 滲んでいく

言葉にできない弱さ
吐息にまた変われば 曇る横顔

ひら ひら ひら
降り頻(しき)る雪たち
君 過去 未来
白く染め 嘘にする

何故 何故 何故
脆く 消えるのだろう
綺麗 嫌い 綺麗
雪のせいにしようとした

八月 木洩れ日の下で
舞う影に焦がれた
雨さえ晴れに変えるような
そんな笑顔が好きだった

想い出が 美しいだけ
吹く風の冷たさが 胸に刺さるよ

「やさしさだなんて 全部大嘘だ」
そうやって 傷付かぬように
隠してきた君の答えを 僕に聞かせてよ

ひとつ ふたつ みっつ
二人の足跡(きおく)が
白く 皓(しろ)く 消えちゃう前に

最後にちゃんと伝えたいんだよ
あの夏の日 君に恋したことを
もう戻らない季節を知る雪に
「綺麗」と笑み それぞれの明日へ