福山潤 Glowing with you

作詞:福山潤・松井洋平
作曲:大和

好きってなんだろうって思ったのは 甘すぎるのは嫌いって気づいた時
考えすぎて抜けだせないまま 横取りされた苦い思い出

いろんなルートの満足感があって それぞれでいいけど
幸せマターは腹八分目くらいで!

「敵は最初に倒すんだ」と 嫌いなものに挑んだあの頃
幼い勇気がきっと 今の僕をつくった 好きと嫌いの分かれ道で
いつの間にか変わっていったんだ 昨日の敵は今日の友に
だけど幸せの余韻が欲しいなら 好きは最後がいいんじゃない?

髪型の情緒が不安定 評論されたくない 心のままに また傘をなくす
女心がわからない 切り替えが早い方 無駄にポジティブかも

なんども新たな自分を演じて セオリー通りにはいかない人生
複雑なシンプル きっとこれが僕だよ

多分本当のことなんて 誰にもわからないから僕は
見つけてくれたこの言葉を拾い集め 自分を正しく褒めていたい
300ページの説明書 読まずにほっておいたけれど
使い方なんて人と違ってもいい 笑われてもいい 笑ってほしい

自分が(誰かが)選び出していたことが
重なり(交わり)Yes, I’m glowing with you

どうかしてると言われたって もう折れるわけにはいかない
空回りしたっていいんだ そういう僕なんだから
歌いながらイルカと踊ろう

冷蔵庫から出し忘れてた 好きな物はまだのこってるし
欲望のままに全部 混ぜて食べたっていいか
今が一番幸せな世界

たまに立ち止まってもいいし そろそろ次に行ってもいいんじゃない?
君が決めていいよ 新しい僕をきっとまたそこで見つけてくれる