遣ノ雨 Rain -2019 ver.-

作詞:アンナ
作曲:yuna

例えば、悲しむ君を僕の言葉で救えても
誰もが僕を認めたりはしないように

僕の足を止めたこの雨も
誰かには救いになったかもしれない

冷たい雨が何度僕を追い詰めても
世界は構いもせずにまわる
答えなんてわからないけど、生きてく
それが意味だと 笑えるように

僕にとって今日が退屈な1日でも
遠くで誰かが
「今日」に賭けて生きている

幸運の雨なんて人次第
時として雨のせいにもするでしょう

冷たい雨が降った
この街はほんの小さな世界
ねぇ、その中に生きる僕等は
今踏み潰した小さな命と
一体どんな違いがあるというの?

冷たい雨が何度僕を追い詰めても
世界に僕は1人じゃないから

冷たい雨が何度僕を追い詰めても
雨は全てに等しく降るよ
目の前の景色なんて小さな世界
たまには傘もささないまま歩いてみよう