さユり 月と花束

月と花束

歌手:さユり
作詞:さユり
作曲:さユり

花を焼べて 詩を焼べて
誰より険しく美しく
あの日の傷ももらった愛も
全て焼べて 光の方へ

深い森の中で私たちは
たった一人きりで生まれ
大切なものに出会う為歩き出す

止めることも繋ぐこともできるこの日々を
潜り続けるのは君がいるからだ
迷いながら探していた ここにいる理由を
君が笑ってくれるのなら答えになるから
今日も生きるよ

花を焼べて 詩を焼べて
誰より険しく美しく
寄り添うとは違う手段で
つよくなろうと約束した

使い慣れた夢を離れ君は
たった一人きりで
本当の季節や色を知ってゆく為楫を切った

誰もが今降らしてるんだ 刻々と鼓動を
引き換えに作っているのは 世界 だ
甘えてきたんだ 誤魔化してた
その実感が欲しいのに
私が私から逃げたまま手に入る世界なら
もう いらないよ

信じなければ傷付かないか?
進まなければ失くさないか?

それでも、
私は
知りたい
進みたい
もう背けない

深い森の中を
私たちはただ小さい火で
灯し、導とし彷徨ってゆく
未知を割いて

止めることも繋ぐこともできるこの日々を
潜り続けた先に君を描いた
迷いながら探していた ここに来た理由 など
作らなければないものだと やっとわかったから
今日も生きてゆくよ
今日を生きてゆくの

花を焼べて 詩を焼べて
遠く飛ばせ

光の中へ