いきものがかり 夢見台

いきものがかり 夢見台 歌詞
歌手:いきものがかり
作詞:山下穂尊
作曲:山下穂尊

「変わらず歩ける」と君のメッセージが聞こえた時に僕は何をしよう
今までの言葉じゃ持ちきれないほど大きな夢と共に今日も眠る

降り注ぐ雨が僕の傘を曇らせても
痛いほどの声で残した明日をこの手に抱き寄せた

力強くまだ走って 目一杯また走って 遠くなる明日を捕まえにいくよ
ひたすらにまだ走って がむしゃらにまた走って
ありふれた答えを探しに出かけようか
いつか見てた未来へと

例えばその先が見えなくなっても凍えた胸を温めていよう
喜びや悲しみ散らばる世界で小さな声をどうか絶やさずに

広い道の上に人それぞれ道はあって
澄み渡る空に失くした自分の行方を探してる

もう一回そこに立って 背一杯息を吸って 早くなる鼓動を確かめていくよ
「失敗していい」って簡単なことって知って 目の前の扉を開いて始めようか
いつも見てた未来へと

力強くまだ走って 目一杯また走って 遠くなる明日を捕まえにいくよ
ひたすらにまだ走って がむしゃらにまた走って
揺るがない答えを探しに出かけようか
いつか見てた未来へと